ねこブログ

カテゴリ:Coffee Break( 222 )

京都旅行その2

a0005073_20305686.jpg

実は去年も京都に来たが、まったり町のカフェや雑貨屋に入り浸って、少ししか
寺は見なかった。
今日は、真如堂、ヴォーリズ建築の住宅、詩仙堂、下鴨神社を回った。

写真は、駒井家住宅。30坪ほどのあまり大きくない家だが、徹底的に収納にこだ
わっているので、比較的広く見える。
ご主人は、遺伝や植物を研究する学者だ
ったが、二人止ともクリスチャンだったことと、奥さんが、神戸女学院の出身だ
ったことで、ヴォーリズに関係ができたらしい。




寺の庭は、まだ、緑ばかりだったが、やはり、雑念を忘れさせてくれる。

関東でも鎌倉のようか古都はあるが、なかなか足を運ぶことがない。

「そうだ、京都行こう」のポスターは、疲れたサラリーマンの心をくすぐるが、ある程度遠いから、くすぐられるのか。
[PR]
by neco5959 | 2011-09-18 20:30 | Coffee Break

陸前高田ボランティア

a0005073_21231142.jpg

大震災は、やはり、現地に行かないと、日本、将来について本当の語りはできないと、自分自身で思い込んでいた。

95年の阪神淡路大震災で、様々な事情で、動かなかった自分の反省や負い目かもしれない。

「百聞は一見にしかず」
やっと、後れ馳せながら、被災地に行くことができた。

作業場に行くために、市街地、海岸脇をバスで通ったが、やはり、松がほとんどなくなった海岸線、市街地をみて、言葉を失った。

なぜテレビやネットで見るのと、現実で見るのは、こうも違う印象となるのだろう。

バスの中でも、瓦礫が固められて、大きなホテルやビルしか残っていない海岸に、沈黙が流れた。

作業は、民家の畑の草刈りと瓦礫撤去。暑いながらも、手慣れたボランティアの方もいらっしゃり、かなり作業は進んだ。
明日も同じ作業を行う予定日。
[PR]
by neco5959 | 2011-09-09 21:23 | Coffee Break

停電中

今日は急に1900に停電しました。

山登りのサークルに入っていた時に活躍したヘッドランプの下で食事を用意しました
レトルトだけど。

ちなみに水も止まり、ガスは出ました。
ロウソクの下で、食事し、取りあえず食器の汚れはチリ紙で拭いました。

まだ夜の停電が1日だからよいけど。

埼玉県だけでなく首都圏の人たちがパニックにならないことを祈ります
[PR]
by neco5959 | 2011-03-17 20:07 | Coffee Break

クロメのレシピ

a0005073_23334351.jpg

大分の親友からクロメを送ってもらった。
磯のかおりとネバネバがたまらない。
レシピも送ってもらった。
以下転載。

クロメはそのまま軽く洗って、巻いたままで、薄く輪切りにしてください。それで、細い麺状に切れます。2、3日で食べれないようなら、細く切った状態で、小分けして冷凍しておくともちます。

レシピ
クロメ汁:具の無い味噌汁をつくり、お椀にクロメを入れ、熱々の汁をかけて食べる。

クロメうどん:茹でたてのうどんをお椀にいれ、クロメ、ごまだし(一緒におくりました)ネギの小口切り、などを盛り、熱湯をかけて食べる。ごまだしはいわば、インスタントだしなので、かけるのはただのお湯で大丈夫ですよ

クロメ琉球丼:ブリ、あじなどのお刺身を、醤油・酒・ごまのつけだれにつけておく。クロメは盛り付け直前にさっと湯をかけておく。ご飯にたれにつけたお刺身、クロメ、ネギ大葉などの薬味をのせ、つけだれの残りを全体にかけて食べる。納豆をのせるとネバネバアップ

他に、酢の物・煮物にもなります。
[PR]
by neco5959 | 2011-03-02 23:33 | Coffee Break

上尾の東蔵で飲み

a0005073_0463626.jpg

酒屋さんがやっている、上尾駅東口から徒歩5分のお店。

天井が高く、オシャレ。
日本酒と蕎麦が売りだが、
おかずもなかなかいける。

日本酒に合う料理、
写真は利き酒セット。

店員の応対もよく、よい
[PR]
by neco5959 | 2011-02-12 00:46 | Coffee Break

ビストロ・シロ

a0005073_1945567.jpg

a0005073_1945570.jpg

a0005073_1945528.jpg

大学時代の友人と久しぶりに会うことに。

私の希望で恵比寿のランチを希望。

ビストロ シロ
渋谷区東3-9-12
0364279200

彼女曰く、

恵比寿の日曜ランチは、あまり店がない。
しかもパスタの店が多いが、この店はカジュアル・フレンチの店。
魚料理がイチオシ。
予約がよいそうだ。
休日ランチは、1500円からだが、
このランチは、コストパフォーマンスが高い。
ランチが15時までと、時間的にもゆったりしている。


ということで
セレクトしてくれた。

確かに、納得のお店。
私は白ワインも頼んだ。
混んでいたので2Fだったが、彼女によると、
1Fで受けるサービスが、気がきくらしい。
ちなみに平日ランチはマダムたちで混み合うらしい。

料理はイトヨリのグリルがおいしかった。
パンも。

また、いきたいお店。
[PR]
by neco5959 | 2011-01-30 19:04 | Coffee Break

レインボーチューリップ

a0005073_12202731.jpg

なんと!
びっくりです。
[PR]
by neco5959 | 2011-01-15 12:20 | Coffee Break

NECワールドカフェ「夢」

今日は、NEC主催の、ワールドカフェに参加。

会場は田町にある本社の三田国際ビル。東京タワーと慶応大学が近い。

テーマは、夢
各ラウンドサブテーマは

夢を持っていますか
夢は年齢で変化しますか
夢に破れたヒトにどんな言葉をかけますか
今いるヒトたちで、同じ夢を持つとしたら、どんな夢ですか

だった。

以下メモ代わりに。

私の気づき

・現状によい意味で満足していて夢がない、という方が何人かいた。
大きな夢はないという意味かもしれない。
夢を持たないのは別の意味で、若者だけではない。

・最後、共通の夢を見つけるラウンドで、多いのは、「つながり」が夢。
共生は、なかなか簡単にはいかないが、皆の根底に願望としてあるのか。

・学生に刺激を受けたいという、最近のマスコミの論調=若者ダメ出しと異なる意見が聞けた。

・ワールドカフェに共通のテーマは、チェンジと共有、未来思考、楽観論か。


・ワールドカフェは、笑いが絶えない対話である

・このワールドカフェだけでなく、せっかくグループで一つの模造紙を囲んでいるのに、
テーマ以外の書き込みや気づきは、各人が手元にバラバラに書くケースが多い。
淋しい。



以下ワールドカフェの運営参考メモ。

全体を束ねるファシ(司会)は1人いるのだが、

各テーブルに1人ホストがいて、そのホストは全く動かず、
ファシのような役回りをしていた。

ホストはスタッフという訳ではないが、手慣れた方という印象。

50名位のワールドカフェだが、皆さん非常に熱い対話を繰り広げていた。
初めての方もいたのかもしれないが、誰も浮かない。

会場が会社の会議室だったが、これまで、大学を会場にやって
きたので、全然違う集会のように感じた。

バックミュージックは小さくジャズがかかっているが、みんなの声が大きくよくわからない。
なくてもいいかも。

やはり会場は重要だ。

お茶はペットボトルが各テーブルに置いてあるだけ、後は簡単なお菓子。

トーキングオブジェは使わないが、各テーブルに
香りがする石けんが置いてある。芳香剤?
[PR]
by neco5959 | 2011-01-15 01:06 | Coffee Break

映画「ノルウェーの森」感想

元旦の朝、ふと「そうだ、ノルウェーの森、見に行かなきゃ」
と思いついた。


そして、さいたま新都心のコクーンでやっていた、
しかも元旦は1日なので、1000円で安い!
これで、内容がいまひとつでも、あきらめがつくと既に覚悟を決めた。

結論としては、よかった。
マツケンのワタナベ君も、菊池凛子の直子も、水原希子の緑も。
そして、療養所を包む自然、ワタナベ君の旅行する海岸も。
音楽も、サウンドトラックを買おうかと思ったほど、よくまとまっていた。
ビートルズ以外の曲をもう一度聴きたいな。

しかし、

2時間に絞ると、どうしても声に出ない、主人公のモノローグ(そもそもワタナベは
あまり話をするほうではない)が、消される。

ピエロのような、突撃隊の登場回数も減る。
レイコさんのギターの演奏回数も減る。
かわりに、性交の多さや、直子の精神的病が際立って見える。


そもそも、『ノルウェーの森』は、1987年9月に出版
私が、高校3年のときだが、読んだのは大学生だったと思う。

私は村上春樹に傾倒し始めた頃で、
女子のクラスメートでは、この本の、性的描写の多さに否定的な感想が
多かった。
個人的には、可もなく不可もなく。
100%の恋愛小説ってこういうものなのかはわからなかった。
ただ、この本の話をすると、本の背景である、大学生の生活と
自分の大学時代が交じり合って、せつないような、不思議な郷愁を覚える。

そして、いまはレイコさんに近い年齢の私が読むと
この数十年の経験も想起されるものがあり、味わい方が微妙に異なる。



霧消に、原作を読みたくなって読んでいるが、
映画にないもののもう一つは、主人公ワタナベが読む本である。
『グレート・ギャツビー』、『魔の山』。

レイコさんも原作中で指摘するが、
「こんなところ=療養所に、なんでそんな本(魔の山=精神病患者がする
サナトリウムの生活の話)をもってくるのよ」
は確かである。

また、ノルウェー以降の村上春樹の小説を読んだあとに、これを読むと
一人の主人公が、
アチラ=療養所と、コチラ=現実世界の、を行きつ戻りつする
いつものパターンに似通っていること。

永沢の構築する独自の考え方=システムの問題。


また本を読むきっかけとなる。
よい映画の本の関係。
[PR]
by neco5959 | 2011-01-03 10:27 | Coffee Break

さいたま新都心イルミネーション

a0005073_2040167.jpg

a0005073_2040198.jpg

a0005073_2040143.jpg

元旦に映画をみたあと、けやき広場に立ち寄った。

インスタレーションはどうも、毎年同じデザインではなさそう。


音楽も流れ、宮沢賢治の銀河鉄道の夜の世界に入り込んだような気分になる。


学生の時なら、迷わずデートスポットとして利用したに違いない。
[PR]
by neco5959 | 2011-01-02 20:40 | Coffee Break



白猫と一緒に暮らしていた(過去形です)、さそり座・B型。気になるNews、Books、HP探して、まったり&じっくり更新。twitterも@neco5959
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
フォロー中のブログ
excite以外のサイト


この人を見よ(姜尚中先生のリンク集)

内田樹の研究室
セイゴオちゃんねる


よかったら押して下さいね!人気blogランキング
最新のトラックバック
『日本辺境論』内田樹著を読む
from 今日も元気だ、珈琲が旨い!!
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
磯野家25年目の真実
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧