ねこブログ

タグ:貧困 ( 3 ) タグの人気記事

『正社員が没落する ――「貧困スパイラル」を止めろ!』

大変久しぶりの更新。
2月3月、いろいろありました。
仕事が大変忙しかったのと、趣味のコーラスの本番で。

仕事は忙しいうちが花とかいうけれど
失敗が絶対に許されない仕事だったので、普通の緊張ではない。
上司のほうがもっと、ストレスフルなんだろうけどね。

そんななかのコーラスのステージだったんだけど。
趣味とはいってもこれも失敗するわけにもいかず。

ということで、
セイフティ・ネットとか、貧困とか、身近に感じる今日この頃。

最近3月に出版された、『正社員が没落する ――「貧困スパイラル」を止めろ!』
を昨日買いました。

ご存知、湯浅 誠さんと、 堤 未果さんの共著。

堤さんは『ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)』も書かれた方で、 これはベストセラーになった。
彼女のプロフィールを読むと、アムネスティから、野村證券、その後ジャーナリストなんだけど、どちらかというと、川田龍平と結婚したということで話題になった方、というほうがああ、って感じかもね。
(いまwikiを検索して、”ああ”と言う感想をもらしている)


やっと本を手に取れるようになってうれしい、私でした。
また更新していきますので、よろしく。
[PR]
by neco5959 | 2009-03-30 23:38 | News&Books

振り込め詐欺と貧困はつながっている

2月9日のNスペ「職業“詐欺”~増殖する若者犯罪グループ~ 」
をたまたまみた。

詐欺を犯罪と思わない、
金が儲かればいいじゃん、と
考えて、やっている詐欺グループ。

しかもそのグループのリーダーは
有名大学生や元一流会社社員だったりする。

自分が仲間より優位にたちたい。
若くして羽振りよい暮らしをしたい。

だが、彼らがもともと貧乏生活を耐えしのんできたというわけでもない。
頭も悪くない。

なのに、なぜ、「大金」に固執するのだろう?

今は、「金持ち」か「コジキ」(乞食)の格差社会なんですよ。
というリーダー。

コジキのイントネーションが「古事記」だった。



そういう、犯罪意識がなくなった、彼らが、
手足として使うスタッフは、

生活苦にあえぐ、いわゆる「貧困」に苦しむ人々。
定職にありつけず、
目の前の比較的高額の現金報酬をみせられて、

「自分が生きるために」
「家族のために」
という正義を自分自身でつくりあげ(犯罪グループリーダー談)

犯罪に加担する。


社会は、犯罪を糾弾するが、
貧しい彼らが犯罪に手を染めずにいられるような
セイフティ・ネットが不完全な状態で、

私たちも、加害者となってしまった貧困者を
厳しく批判することが後ろめたい。



また、犯罪リーダー格候補となるのは、
特に有名大学を出て、内定切りになった学生。
その「腐りかけた人間が、超おいしい」人材なんだという。

ぞっとするようなサタンの言葉。


私たちは、どうやって身を守ればいいのだろう。
[PR]
by neco5959 | 2009-02-10 00:02 | News&Books

貧困と死刑のつながり

12月14日に開催されたシンポジウム「人の使い捨て 命の使い捨て~貧困から考える死刑~」(共同事務局: 監獄人権センター & アムネスティ・インターナショナル日本)に参加。

私自身、死刑制度、貧困というテーマは、今年に入ってから、講演会や本などで、少しばかりの知識を得ていたので、ある程度関心の高いテーマである。
「貧困」と「死刑」という2大テーマを(単体でも重いテーマなのに)どういうふうにシンポジウムとしてまとめるのか興味があった。

まずは、フィリピンの人権情報センターで、実際、死刑制度を廃止するための運動をしてきて成功をした、トレーシーさんの話を聴く。
死刑制度の歴史や、廃止のための様々な活動を紹介していたが、
人権問題なのだということを国民や政府、議員などにアピールしていったことを力強く語っていたことが印象に残った。

また「貧困」と「死刑」との関係だが、フィリピンでは、死刑囚の8割強が、貧困層であって、貧困層が犯したという犯罪は、その経済的教育的問題で、十分な弁護を受けることが出来ないことが多い事実などを挙げられ、刑事司法の改革を提案された。

その後、若い人の労働問題に取り組むNPOのPOSSE代表の方や、アメリカのドキュメンタリー映画監督の方を交えて討論が行われた。

2人の登壇者とも、運動してきた立場上、「貧困」と「死刑」問題を一緒に関連づけて語るのは、難しいようであった。
しかし国家からの暴力を受けているマイノリティと言う意味では、共通する問題がある、連携しうるのではないかという前向きな、空気が伝わってきた。

また、トレイシーさんの言うように、
「日本はフィリピンのように貧困問題がフィリピンほど常態化していない状態」というのが、

なおさら、当事者以外の人たち=いわゆる一般人が、「問題」として捉えにくい状態を
作っている。またフィリピンでは成功した「人権問題」という切り口でのアピールが、日本の世論を動かしうるのか。

もちろん、貧困も死刑問題も、大きな問題で、簡単に片付く問題ではないのだが、
それらの解決には、子どもへの教育の仕方も大きくかかわってくる。

人を殺すことは悪いというのは、誰でも言える。だが、凶悪犯についてはどうなのだ。
命の重さに違いはあるのか。人を許すとは。
被害者、加害者の立場。
人権とは、自由とは。
労働環境とは。家族とは、コミュニティとは。
人間が生きるには何が大切なのか。

これらは、学校教育では道徳の時間に少しだけ考えたことがあったかもしれない。
来年から裁判員制度が始まり、凶悪犯罪を一般人が裁くことになる。

これまで一般日本人があまり考えてこなかった分野についての思考が必要になるのではないか。子どもも大人も。
[PR]
by neco5959 | 2008-12-16 00:38 | へえ。そうなのね



白猫と一緒に暮らしていた(過去形です)、さそり座・B型。気になるNews、Books、HP探して、まったり&じっくり更新。twitterも@neco5959
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
フォロー中のブログ
excite以外のサイト


この人を見よ(姜尚中先生のリンク集)

内田樹の研究室
セイゴオちゃんねる


よかったら押して下さいね!人気blogランキング
最新のトラックバック
『日本辺境論』内田樹著を読む
from 今日も元気だ、珈琲が旨い!!
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
磯野家25年目の真実
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧